taipon2018’s blog

あるゲイの日記。好きな音楽を中心にその他もろもろ。

ゴリパラ。

 

ゴリパラの3人がついに来月27日、CDデビューを果たす。 

デビュー曲のタイトルは「オン・ザ・ロード」。

車で全国を回り続ける彼らにぴったりのタイトル。

avex.jp

ゴリパラとは、日本全国を旅する福岡ローカル発の人気番組『ゴリパラ見聞録』の出演者3人によるユニット。ピン芸人ゴリけんとパラシュート部隊の斉藤優・矢野ぺぺの3人である。

この『ゴリパラ見聞録』はローカル発ながら今やCSなどでも放送されDVDは累計10万枚を売り上げる大人気番組なのだ。かつての『水曜どうでしょう』を彷彿とさせる。

番組の魅力は、恐ろしいほどに人間性をさらされるドキュメンタリーな切り口だろう。

3人とも芸歴20年近い芸人なので適度に笑いの味付けはしてくれるものの、時に視聴者もドン引きするような人間の本性を見せてくれる。

それはかっこわるい部分だったり、だらしない部分だったり、本音の部分だったり。

弱さも脆さも逞しさもさらけ出す3人の人間が見れるという意味で飽きの来ないコンテンツだと思う。

3人が東京から福岡に来た"都落ち"芸人であるという事実もまた番組をドラマティックにしていると思う。

ゴリけんとパラシュート部隊はかつて東京のナベプロにいたので、全国放送の番組にもよく出演していた。パラシュート部隊は『内村プロデュース(内P)』などであのさまぁ~ずや有吉弘行とともに活躍していたのを覚えている人も多いと思う。しかし、その後仕事は徐々に減り、ナベプロが福岡支部を作るということになり3人に白羽の矢が立ち福岡でローカル芸人として活動を始めたという経緯がある。

ゴリけんはともかくパラ部はいい位置に行けた芸人だったろうから余計悔しかっただろう。すごい挫折感や葛藤と闘いながら3人は福岡へやってきたんだろうと思う。

福岡にやってきてからもかなりの時間をかけてのブレイクだったこと思うと感慨深い。

いくら大手のナベプロといえども、ここまでの復活を誰が予想できただろうか。

そんな都落ち芸人3人の再起のドキュメンタリーでもあると思うのだ。

 

いろいろな見方のできる『ゴリパラ見聞録』。これからも目が離せそうにない。

今週末から全国各地でCDリリースイベントを行うようなので、興味のある方は行ってみてはいかがだろうか。

 

【早期購入特典あり】オン・ザ・ロード(TYPE-B)(ゴリパラナンバープレートステッカーA付)

【早期購入特典あり】オン・ザ・ロード(TYPE-B)(ゴリパラナンバープレートステッカーA付)