taipon2018’s blog

あるゲイの日記。好きな音楽を中心にその他もろもろ。

言いたいことも言えないこんな世の中は。

僕ら世代にはなつかしいドラマ『GTO』がティーバーの視聴ランキング上位に入っていた。

平成の人気番組を振り返る『TIMESLIP TVer(タイムスリップ ティーバー)』という企画によるもので無料で全話視聴可能である。(※4月15日までの期間限定)

tver.jp

 

GTO』は1998年に関西テレビで製作されフジテレビ系で放送された大ヒットドラマ。

前年の『ビーチボーイズ』で大ブレイクを果たした反町隆史が満を持して単独主演を果たした学園ドラマである。

原作の漫画作品が十分面白いのだが、さらに援助交際など当時の社会問題も取り入れた内容は新たな学園ドラマの形を提示することとなった。

また数年後に結婚することとなる反町と松嶋菜々子との出会いのドラマにもなっている。

 

このドラマの主題歌となったのが反町本人の歌う「POISON 〜言いたい事も言えないこんな世の中は〜」だった。


Poison -Iitai Kotomo Ienai Konna Yononakawa-

反町の当時の勢いそのままに30万枚近くのヒットを記録したサードシングル。

青臭いまでのド直球な歌詞が反町の決して歌ウマとは言えないボーカルで輝いている。

今やネタ的に歌われる名曲だが、今聴くとなつかしいだけじゃなくてめっちゃ響く。

 

世の中は急速に言いたいことも言えなくなっている。

ネットがリアルと完全にリンクした結果、不用意なつぶやきはあっという間に叩かれ潰される。

先日も圧倒的な正義のパワーにより不用意な発言がぐぅの音も出ない程の叩き潰され方をしていた。

abematimes.com

もはや問題の被害者が誰なのか、誰が誰に対して怒っているか。

それさえも不明確なままに小さなつぶやきは大事になり炎上し謝罪させられる。

そして、残るのは言いたいことも言えない何とも言えない不穏な空気。

 

不用意な発言は当然よろしくないことだが、そこらのおっさんの発言と大政治家の発言が同じように取り上げられ再起できないほど叩かれるのは健康的な社会なのだろうか。

 

反町の熱いボーカルに20年前は想像できなかった世の中の今後を考えさせられた。

 

BEST OF MY TIME?1999

BEST OF MY TIME?1999

 
ゴールデン☆ベスト 反町隆史

ゴールデン☆ベスト 反町隆史

 
1997-2000 SINGLE CLIPS [DVD]

1997-2000 SINGLE CLIPS [DVD]