taipon2018’s blog

あるゲイの日記。好きな音楽を中心にその他もろもろ。

2000.01.26~サザンサブスク解禁~。

今から20年前の2000年1月26日はサザンオールスターズの名曲「TSUNAMI」の発売日。

今思い返してもこの週のCDシングルランキングはかなり熱かった。

 

第1位。TSUNAMI / サザンオールスターズ

TSUNAMI

TSUNAMI

  • provided courtesy of iTunes

TBS系バラエティ番組『ウンナンのホントコ!』の大人気企画『未来日記』の主題歌になり、トリプルミリオンを記録した言わずと知れた名曲。

今から思うと素人参加型リアリティショーの走りだったかもしれないなぁ、未来日記未来日記からは他にも桜坂(福山雅治)やとまどい(GLAY)などの大ヒットも生まれた。

東日本の広範囲を大津波が襲い甚大な被害が出てしまった東日本大震災の2011年3月11日以降はラジオでのオンエアが自粛されたりと不遇の名曲でもある。

 

第2位。恋のダンスサイト / モーニング娘。

恋のダンスサイト

恋のダンスサイト

  • provided courtesy of iTunes

前作「LOVEマシーン」の大ヒットでまさに国民的アイドルとなったモーニング娘。が当時の勢いそのままにリリースしたダンサブルなミリオンヒット。

大ヒット後の次の曲ってかなり方向性迷うと思うのだが、お祭り路線で続けてミリオンヒットを出したつんくさんのスゴさを改めて感じる曲。

 

第3位。ギブス / 椎名林檎

ギブス

ギブス

  • provided courtesy of iTunes

第4位。罪と罰 / 椎名林檎

罪と罰

罪と罰

  • provided courtesy of iTunes

前作「本能」のヒットから間髪入れずにシングル2枚同時発売してヒットさせるっていうのがモーニング娘。同様に当時の勢いがすごかった椎名林檎さん。

この2ヵ月後にリリースしたセカンドアルバム『勝訴ストリップ』のダブルミリオンの大ヒットでその人気を決定付けた。

 

第5位。Don't need to say good bye / 鈴木あみ

Don't need to say good bye

Don't need to say good bye

  • 鈴木 あみ
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

今は子持ち激辛タレントとしてもバラエティでも活躍中の鈴木亜美ちゃん。

しっかりアイドルしてた頃の小室哲哉プロデュースの卒業ソング。

セカンドアルバムの先行シングルと言うことでこの順位レベルのヒットとなった。

同じオーディション番組『ASAYAN』出身のモーニング娘。との人気のデッドヒートはすごかったけど、まさかモー娘。に追い越されるとは思わなかったことだろう。

 

うわー、20年前のこと、、、めっちゃ覚えてる。。。

お釜のこの無駄な知識、なんとか有効に使えないだろうか。。。

でも、やっぱり興味があって好きだったから覚えてるんだよね。。。。。

 

昨年12月に大きなインパクトを持って受け止められたサザンのサブスク解禁。

rockinon.com

僕の予想に反して昨年末の紅白には出なかったからまだ知らない人も結構いるのでは?

なんかおっさん臭いとか桑田さんが生理的に無理とかしょーもない理由でちゃんと聴いてこなかったけど、やっぱいいなぁサザン。

とりあえず2018年リリースのベスト盤『海のOh, Yeah!!』聴いてるけど、いい。

興味は薄かったけど90年代00年代10年代と耳なじみのあるヒット曲いっぱいだった。

このベスト盤の1曲目が「TSUNAMI」でかなりライト層でも聴きやすいと思う。

まぁさすがにユーミンサブスク解禁の時の様に全アルバム聴こう!とまではならないけど。

でも、やっぱ、桑田さんの日本語と英語の融合は今聴いていてもすごいと思う。

僕らの世代でいう宇多田的な衝撃はあったんだろうなぁと容易に想像できる。

詞の内容的にも世相を斬ったような曲も自分も大人になってようやく意味が分かってきたかなぁって感じ。食わず嫌いならぬ聴かず嫌いは良くないんだなぁって思った。

 

真冬に真夏の曲を聴くのもオツですよ!是非!!