taipon2018’s blog

あるゲイの日記。好きな音楽を中心にその他もろもろ。

勝手に中村一義月間。

勝手に中村一義月間としてお送りした2020年8月。

 

2002年に発表された中村一義のシングル、アルバムどれも素晴らしかったね。

 

あの頃、僕は高校生。当時より詞が、言葉が染みるなぁ。

 

1月発表の「キャノンボール」には生きる力を分けてもらったような気がしたし、


中村一義 - 「キャノンボール」

4月発表の「セブンスター」には冷めた視線だけではいけないんだって思ったし、


中村一義 - 「セブンスター」

7月発表の「新世界」には自分の中に宇宙のような広がりを感じた。


中村一義 - 「新世界」

 

9月発表のアルバム『100s』は、僕の中では今でもミリオンヒットだ。

 

正直に生きるのって難しい。自由に生きるのって難しい。

 

だから中村一義の歌が響くんだろうなぁ。

 

100s

100s

  • アーティスト:中村一義
  • 発売日: 2002/09/19
  • メディア: CD