球体通信

Around Forty gay on the Kyushu Island

鬱ゲイにオススメの一枚~FANTASY~。

ゲイであること自体をいつまでも悩んでいてもしょうがない。

 

わかってはいるけど悩んじゃうじゃん?人間だもの。

 

でも、延々と同じこと悩んでると普通に鬱になる。

 

僕はうつ病とは診断されていないけど、万年鬱みたいなダウナーな性格。

 

そういえば一度、適応障害にはなったかな。

 

当時そうなった理由は仕事の悩みが大きかったけど、

 

いろんな悩みがごちゃ混ぜになった複合的なものだったなと今は思う。

 

マイラバ人気もすっかり落ち着いた2004年にリリースされたMY LITTLE LOVER『FANTASY』。

 

ジャケットのシンプルなハートマークが表す通り、精神世界を旅するようなアルバム。

 

つらい時に聴いていたし、今でもたまに聴く。

 

決して明るいアルバムではないし、ヒット曲も収録されていない。

 

でも、アルバムとしての統一感がすばらしく人間の心の多面性がすごく伝わるアルバム。

 

うつ気味な時だってキラキラした気分になることもあればギラギラした欲望が顔を出したりする。

 

そう言うところも音で表現してくれている、そんな気がする。

 

アルバムの一番の盛り上がりは9曲目の「ちいさな魂」なのだけど、

 

今は1曲目の表題曲「FANTASY」が改めていいなぁと思う。

 

小林武史とか小室哲哉とか端から見てると才能があって恋愛もあって

 

凄く満たされてそうなのにそうじゃないんだろうなぁ。

 

薄暗い部分があるからいい曲が書けるのだろうな。人の心はわからない。

 

MY LITTLE LOVER「FANTASY」
作詞、小林武史。作曲、小林武史

 

例えていうなら 私は 偶然なら
信じられるけど それ以外は

絆とか約束は 重くてやりきれない
そう考えたら 少し楽になれる

月の向こう側では 何もかもが許される
きらきらと光るもの 光をまた写すもの
それはまるで ルールを持たないオーケストラのよう

 

FANTASY

FANTASY

  • アーティスト:MY LITTLE LOVER
  • 発売日: 2004/01/21
  • メディア: CD