taipon2018’s blog

あるゲイのブログ。好きな音楽を中心にその他もろもろ。

2002年のベストアルバムはこれだ。

2022年じゃないよ。2002年のベストアルバムの話だよ。

 

過去に生きてるおっさんだからしょうがないね。

 

20年前の2002年は日韓共同開催のFIFAワールドカップの年。

 

あの年売れていたアルバムはランキングを見ると、

 

宇多田ヒカルDEEP RIVER」とかMONGOL800「MESSAGE」とか。

 

個人的にこれ!というのが2002年6月発表の天野月子「Sharon Stones」。

 

天野月子の記念すべきデビューアルバム。これがホントに名盤。

 

2000年代初頭の潮流だった精神系のCocco鬼束ちひろ

 

自作自演系の椎名林檎の中間に位置するシンガーソングライターだったと思う。

 

過去形にしちゃダメだな、今も"天野月"名義でバリバリ活動してるから。

 

アルバムタイトルはセクシーな魅力でハリウッドを席巻した米女優のシャロン・ストーンから。

 

ファーストアルバムにしてベストアルバム!というのは

 

鈴木あみのファーストアルバムのコピーだったけれど、本当にそれに近い出来。

 

シークレットトラックだった箱舟を含む全12曲がどれが欠けてもダメだと思えるんだよなぁ。

 

曲順もまた文句のつけようがない。サブスクもすでに解禁済みだから聴いてほしいね。

 

1. 菩提樹


www.youtube.com

2. Treasure


www.youtube.com

3.  B.G.~Black Guitar+Berry Garden~


www.youtube.com

4. HONEY?


www.youtube.com

5. スナイパー


www.youtube.com

6. 青紫
7. 刺青
8. Butter Fingers
9. ロビン
10. 箱庭~ミニチュアガーデン~ (Sharon mix)


www.youtube.com

11. カメリア

12. 箱舟

 

HONEY?」「Treasure」辺りは曲の世界に浸りまくったな。

 

裏声?ファルセット?情感に訴える複雑なボーカルが楽曲の良さをさらに増幅してる。

 

演奏もお兄さんチームみたいな人たちがしっかり固めてたからかっこいいよね。

 

ポップ具合とロック具合のバランスの良さで言えばJUDY AND MARYのような感覚。

 

ポニーキャニオンからメジャーデビューした後もインディーズ時代の事務所兼レーベルに所属したままだったから

 

絶妙にアングラ臭も残しつつの活動だったのがまた魅力的だったなぁ。

 

僕はラジオで聴いた「スナイパー」で一聴き惚れして発売日にアルバムを買った思い出。

 

ポニーキャニオンと同じフジサンケイグループニッポン放送では割とかかってた記憶。

 

あと「Sharon Stones」と対になる同年12月に発売したセカンドアルバム「Meg Lion」もすばらしい。

 

でも、一枚となるとこっちを選ぶなぁ。こちらのタイトルも米女優、メグ・ライアンから。

 

あとあと完成された感のあるサードアルバム「天龍」も良くて。

 

その中の「恋」って曲も陰キャの中の陽キャの部分がすごくよく描かれて最高で。

 

話それたけど「Sharon Stones」は名盤。

 

なんかもっと1曲目の「菩提樹」みたいにガツンと売れてほしかったと20年経っても思います。