taipon2018’s blog

あるゲイの日記。好きな音楽を中心にその他もろもろ。

柴咲コウちゃん。

2000年代を中心に女優に歌手に大活躍だった柴咲コウちゃん。

2003年、 映画『黄泉がえり』の劇中で柴咲コウちゃんが演じた歌手・RUI名義のシングル「月のしずく」をリリースし、これが80万枚を売り上げる大ヒット。

その後も女優業と歌手業を並行して行い、数々のヒットを飛ばしました。

柴咲コウちゃんの所属事務所はスターダストプロモーション

事務所の先輩女優である中谷美紀ちゃん同様、どちらも見事に成功させましたね。

 

2004年発表のファーストアルバム『蜜』収録の「浮雲」。


Ukigumo

キリンビバレッジ『キリンWO:』CMソングだったこの曲。

ジャングルでワイルドな姿になっちゃう柴咲コウちゃんが印象的でした。

RUI名義の「月のしずく」のヒットにより、この曲でも見られる"いにしえの日本感"がすっかり柴咲コウちゃんのアーティストイメージになりました。

普通にシングル級の曲だと思います。ベストアルバムにももちろん収録されてますね。

学生時代に安アパートでひとり静かに聴いてたのを思い出します。なつかしい。

 

以下、柴咲コウのシングル売上TOP10

www.oricon.co.jp

 

1.月のしずく ※RUI名義  (東宝系映画『黄泉がえり』オリジナルテーマソング)


Tsukino Shizuku / Rui (Bonus Track)

2.かたちあるもの  (TBS系ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』主題歌)


柴咲コウ - かたち あるもの

3.影  (TBS系ドラマ『白夜行』主題歌)


柴咲コウ - 影

4.Glitter  (TBS系『恋するハニカミ』テーマソング)


柴咲コウ - Glitter

5.Sweet Mom  ( 東宝系映画『この胸いっぱいの愛を』主題歌)


柴咲コウ - Sweet Mom

6.眠レナイ夜ハ眠ラナイ夢ヲ  (TBS系日曜劇場『笑顔の法則』主題歌)


柴咲コウ - 眠レナイ夜ハ眠ラナイ夢ヲ

7.invitation  (TBS系ドラマ『タイヨウのうた』主題歌)


柴咲コウ - invitation

8.ひと恋めぐり  (TBS系ドラマ 愛の劇場『砂時計』主題歌)


柴咲コウ - ひと恋めぐり

9.思い出だけではつらすぎる  (フジテレビ系ドラマ『Dr.コトー診療所』挿入歌)


柴咲コウ - 思い出だけではつらすぎる

10.いくつかの空  (東宝系映画『着信アリ』主題歌)


柴咲コウ - いくつかの空

しかしドラマ・映画とともにどれもヒットしましたね~。思い出深い曲がたくさん。

2000年代でこれだけ良曲ばかり歌えた歌手はなかなかいないんじゃないんでしょうか。

「かたちあるもの」「Sweet Mom」「ひと恋めぐり」どれもせつない名曲ばかりです。
でも、「invitation」がドラマ『タイヨウのうた』の主題歌だったのにはビックリ。

沢尻エリカちゃんの劇中歌「タイヨウのうた」のヒットしか覚えてなかったなぁ。

 

2002年の夏にリリースされたデビューシングル「Trust my feelings」。


柴咲コウ - Trust my feelings

しっかりと自らの意志を持ちクールな眼差しの柴咲コウちゃん像そのままの曲。

この曲を『黄泉がえり』の監督が聴いて彼女にRUI役の白羽の矢が立ったそうなので、本当にすべてのはじまりの曲と言えます。この曲もとても好きです。

 

そんな柴咲コウちゃんですが、最近メディア露出が減っていますね。

なぜなのかと思ったらこんな記事が。

netallica.yahoo.co.jp

まさか起業して社長業も行っていたなんて!全く知りませんでした。

でも、独立せずに起業するってのもすごいですね。副業を認めている形の事務所も寛容というか何というか。

複数の事業を抱えている企業の社長さんならメディア露出が減るのもしょうがない気がします。

 

 こんな記事も見つけました。

www.hochi.co.jp

お母さまを亡くされたことがきっかけでいろんな意識が高まったようですね。

それにしてもアグレッシブというか、すごいバイタリティです。

 

昨年には"MuseK"名義で海外デビュー、先月にはMaroon5の名曲「Maps」をカバーするなど歌手としての挑戦も果敢に続けている柴咲コウちゃん。

これからも彼女の活動から目が離せませんね。

 

KO SHIBASAKI ALL TIME BEST 詩

KO SHIBASAKI ALL TIME BEST 詩

 
KO SHIBASAKI ALL TIME BEST 詠

KO SHIBASAKI ALL TIME BEST 詠