taipon2018’s blog

あるゲイの日記。好きな音楽を中心にその他もろもろ。

好きな音楽たち

体温。

1999年10月13日にリリースされたhitomiの4枚目のアルバム「thermo plastic」。 小室哲哉のプロデュースから卒業し、その後に渡辺善太郎と組んだことで 新たな魅力が引き出されその後の再ブレイクを迎える下地となったアルバムだと思う。 その先行シングルと…

のんびりやるさ。

佐良直美さんのゴールデン☆ベストを相変わらずちょこちょこ聴いている。 カバー曲も多く収録されていてピンキーとキラーズ「恋の季節」のカバーとか山口百恵さんの「夢先案内人」のカバーとか、もう全部いい。 平野愛子さんの「君待てども」やパティ・ペイジ…

TABOO。

2000年デビューの倖田來未ちゃんは今年20周年イヤー。 曲の発売日に合わせて順次ミュージックビデオをYouTubeで公開する企画をやっている。 いっぺんに全部公開してくれた方がいいような気もするけど、そういう企画をやっている。 今日アップされたのは12年…

PRETTY EYES。

潔い人に惹かれる。all or nothing みたいな感じに惹かれる。 旅立った後には何も残さない。そんなサッパリした気分になれる曲。 23年前の今日リリースされたhitomiの10枚目のシングル「PRETTY EYES」。 hitomi / PRETTY EYES hitomiの中で一番好きな曲だな…

華原朋美というロックスター〜衝撃のユーチューバーデビューに思う〜。

2、3日YouTubeをチェックしていない間に大好きな朋ちゃんがYouTuberデビューしていた。 遅ればせながらアップされていた動画6本を一気に見た。 そこにいた朋ちゃんはとても良くない状態に見えた。 一時期の泰葉に匹敵するか、それ以上にヤバそうな状態。 コ…

いのちの木陰。

今年の夏ほど木陰のありがたさを感じた夏はなかった。 本当に命の危険を感じる酷暑だった。 逃げ込むように木陰に入り一息つくとほんの少し生き返る感覚を味わえた。 「いのちの木陰」。そういえばそんなタイトルの曲があった。 2010年に発表された佐良直美…

犬と猫。

僕として僕は行く。 中村一義「犬と猫」(1997) 作詞、中村一義。作曲、中村一義。 中村一義 - 「犬と猫」 犬と猫 アーティスト:中村一義 発売日: 1997/01/22 メディア: CD

勝手に中村一義月間。

勝手に中村一義月間としてお送りした2020年8月。 2002年に発表された中村一義のシングル、アルバムどれも素晴らしかったね。 あの頃、僕は高校生。当時より詞が、言葉が染みるなぁ。 1月発表の「キャノンボール」には生きる力を分けてもらったような気がした…

「新世界」。

予想以上に、 予想以上に、 夢は夢で過ぎてく? でも、どうだろう? 残るだろう? そこ、ひとつ。 君さ。君の灯り。 中村一義「新世界」(2002) 作詞、中村一義。作曲、中村一義。 中村一義 - 「新世界」 新世界(初回仕様) アーティスト:中村一義 発売日: 2002…

「セブンスター」。

クソにクソを塗るような、 笑い飛ばせないことばっかな。 それが人の姿とはいえ、 夢を見て、叶えたって、いい。 中村一義「セブンスター」(2002) 作詞、中村一義。作曲、中村一義。 中村一義 - 「セブンスター」 セブンスター アーティスト:中村一義 発売…

「キャノンボール」。

僕は死ぬように生きていたくはない。 本音さ、死ぬように生きていたくはない。 中村一義「キャノンボール」(2002) 作詞、中村一義。作曲、中村一義。 中村一義 - 「キャノンボール」 キャノンボール アーティスト:中村一義 発売日: 2002/01/23 メディア: CD

here we are。

私を誰も知らない そんな部屋を 探して かべを 空色に塗り替えて いきたい 華原朋美「here we are」(1998) 作詞、小室哲哉。作曲、小室哲哉。 here we are アーティスト:華原朋美 発売日: 1998/07/29 メディア: CD

岡本真夜ちゃん、大好き!

今年5月にデビュー25周年を迎え、記念のベストアルバム『岡本真夜25th Anniversary BEST ALBUM~Thanks a million~』をリリースした岡本真夜ちゃん。 そんな岡本真夜ちゃんのミュージックビデオが所属していたレコード会社の徳間ジャパンの公式YouTubeチ…

小柳ルミ子の涙。

小柳ルミ子がラジオで泣いていた。あの小柳ルミ子が。 毎日のように聴いている文化放送の人気番組「大竹まこと ゴールデンラジオ」。そのメインコーナーのゲストに今日、今年デビュー50周年を迎えた小柳ルミ子が出演していた。 小柳ルミ子といえば「瀬戸の…

永遠のパズル。

自分までだまし 首尾よく生きてなんになる 全力を尽くし 倒れてしまえばおしまい だけど ひとつひとつ 祈ることだけが うまくやるコツと学んできたよ それぞれの理由で 流した涙の数だけ それだけの喜び 本当に君を救っているかい 永遠のパズル(1994) 作詞…

summer visit。

昼はツバメが飛び、夜はホタルが飛ぶ。いつもとおんなじ夏のはじまり。 いつの間にか陽が長くなって7時を過ぎてもまだ真っ暗にはならなくて。 もちろん夜明けはもう早くって。 そんな時期に聴きたくなるのが24年前の今日に発表された、朋ちゃんこと華原朋美…

さよならサブカルチャー。

誰にもわからないわたしの気持ち検索しても出てこなくて 見つけてよ 見つけてよ 遠くで叫んでる 誰にもなれないわたしはなれないだから誰かになりすまして メイクする 髪を切る ケータイ覗いてる アーバンギャルド 「さよならサブカルチャー」(2012) 作詞、…

相川七瀬ちゃん、大好き!

先月、相川七瀬ちゃんの90年代の名曲たちのミュージックビデオがYouTubeにアップされました。90年代後半のJ-POPシーンで忘れてはいけない女性ボーカリストの一人ですね。1995年11月に織田哲郎さんプロデュースのもと「夢見る少女じゃいられない」でデビュー…

トーンポリシングにまけるな!〜きみのみかた〜。

関連ツイートも含めると1000万件を超えたという検察庁法改正案への国民の抗議の声。 今回は多くの芸能人がこの問題に対して声をあげたということも大きな話題になりました。 その中で注目されたのがきゃりーぱみゅぱみゅちゃん。以下、きゃりーちゃん。 news…

夏が来ない。

2020年10月にデビュー20周年を迎えるソニンちゃんがYouTubeに動画をアップし、名曲「カレーライスの女」やEE JUMP時代の名曲「おっととっと夏だぜ!」を軽くではありますが歌ってくれています。なつかしいですねぇ。 【2020年】ソニン5年ぶりに稼働!あの名…

ライブ!ライブ!ライブ!。

新型コロナショックの余波で数えきれないほどの芸能人がユーチューバーデビューしていますね。歌手、タレント、芸人、アスリート、、もうチェックしきれないほど。仲里依紗ちゃんのチャンネルとか清水ミチコさんのチャンネルとか見たいものは増えるばかり。…

同じ空の下で。

高い所が好きなのは 今日が小さく見えるから いつもの僕の街が地図のように 手のひらの上だけで動き出せる 君の家との距離なども 先を急ぐ車達も ここから見るとなぜか可愛らしい 擦り切れた毎日も愛おしくなる キンモクセイ「同じ空の下で」(2003) 作詞、伊…

やっぱ、渋谷系っしょ。

2020年4月7日 (日本時間)、YouTube上から小沢健二の公式ミュージックビデオが削除された。「ラブリー」や「今夜はブギー・バック」などの誰もが知る一連のヒット曲のミュージックビデオがである。理由は不明。 突然の削除。なぜ僕がショックだったかと言うと…

ハナミズキ。

九州北部はここ数日、晴天が続いている。抜けるような青空。気持ちいいしうれしいのだけれど、 雲がないと放射冷却で朝はかなり冷え込む。もう4月なのにまだ風も冷たい。 田舎の運動公園には誰もいなかった。桜は本当に綺麗だった。風に舞う花びらも。 状況…

素敵なカバーソング特集。

YouTubeで話題のcall meこと広瀬香美ちゃんの米津カバー「Lemon」。 見事にcall me色に染められていて絶賛コメントがすごいことになっています。 【広瀬香美】米津玄師さんのLemonを歌ってみた【歌ってみた】 本来カバーってこういうことだよね。原曲そのま…

気分を上げる春ソング⤴⤴⤴。

自粛、自粛で気分の落ち込み気味な昨今。 経済的にもなんかやばそうだし先のこと考えると不安になるけど、春は希望の季節。 新しい何かに期待できそうな、気分を上げる春ソングを集めてみました。 ここ10年のアイドルのシングル中心に独断と偏見で選びました…

私のハートはストップモーション。

春の名曲っていっぱいあるけど、僕が春先に聴きたくなるのが 桑江知子さんの「私のハートはストップモーション」。 私のハートはストップモーション 桑江知子 J-Pop ¥255 provided courtesy of iTunes 1979年1月リリース。作詞、竜真知子さん、作曲、都倉俊…

リンドバーグ30周年。

今年30周年を迎えるLINDBERGが3月9日に新曲を配信リリースし、全国ツアーをスタートさせるらしい。1989年デビューだから厳密には30周年イヤーかな。 今年30周年を迎えるアーティストって結構いるんよね。 福山雅治、スチャダラパー、あと逮捕されちゃったけ…

EARTH / time after time。

2000年2月23日にデビューした女性3人組ユニット・EARTH。 デビュー曲「time after time」は新時代の到来を感じさせる名曲だった。 time after time EARTH J-Pop ¥255 provided courtesy of iTunes 本格的なたっぷりとしたR&Bでデビューってこと自体がかっこ…

キョンキョン、サブスクにいない問題。

ある日ふとキョンキョンこと小泉今日子の「My Sweet Home」 が聴きたくなった。 特に理由はない。ふっと頭に浮かんだのだ。 My Sweet Home 小泉今日子 J-Pop ¥255 provided courtesy of iTunes 1994年2月発表。山口智子、布施博主演のTBS系ドラマ『スウィー…