taipon2018’s blog

あるゲイの日記。好きな音楽を中心にその他もろもろ。

この世界の片隅に。

いよいよ明日、地上波初登場となる2016年の大ヒット映画『この世界の片隅に』。

NHK総合で夜9時から放送予定です。未見の方は是非!!!

av.watch.impress.co.jp

是非とか言ってる僕ですが、恥ずかしながら今年に入ってからこの映画を観ました。

正直そこまでの映画なの?と観ずに思っていたけれど観てみたらすごいよかったです。

当たり前の平凡な日々がいつの間にか大きく変えられていく恐怖を一番大きく感じました。それは戦時中の市井の人々の生活を丁寧に描いていたからこそその対比が際立っていたのだと思います。のんちゃんの声も正直どうなの?と思っていたけれどすごく物語を生きたものにしていてよかったですね。

あの戦争を過去のものにするのではなく生きた物語として伝えていく。

平和を愛する全ての人に届いてほしい21世紀の指針になるような映画だと思います。


映画『この世界の片隅に』予告編

 

この映画のオープニングテーマとなったのがコトリンゴさんの「悲しくてやりきれない」。

コトリンゴさんだけでなくたくさんのアーティストに今もカバーされ続けている言わずと知れた名曲ですね。そのオリジナルが1968年に発表されたこちら。

ザ・フォーク・クルセダーズ「悲しくてやりきれない」。


Kanashikute Yarikirenai

作曲は加藤和彦さん、作詞はサトウハチローさん、編曲はありたあきらさん。

1977年に発表された加藤和彦さんの手掛けた作品を集めたコンピレーションアルバム『Catch-22』からの音源のようです。Catch-22 - YouTube

 

"やりきれない"という表現って深いですね。どこに向けていいのかわからない怒りだったりあきらめだったりいろんなものを含んだ表現だと思います。

"どうしようもない"っていうのともまたちょっと違うような。うまく説明できないけど。

やりきれない想いを誰もが抱えて生きているんだよなぁ。表に出さないだけで今も昔も。

 映画とともにまたしっかりと噛み締めたい名曲です。

 

Catch-22

Catch-22